アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


資生堂ジャパン様のキャンペーンに参加し、『ANESSA パーフェクトUV アクアブースター』を購入しました。

人気の日焼け止めみたいで気になってたので丁度良かったです。

ただですね。

あんまり人気すぎてなのか、どのお店に行っても売り切れ・入荷未定ばかり!

このシリーズ、マイルドタイプとかエッセンスブースターとかスプレーとかいろいろあるようですが、この「パーフェクトUVアクアブースター」だけがどこに行っても無い・無い・無い!

何店舗巡ったと思います?

8店舗ですよ!8店舗!

買わなきゃいけないから探し回りましたが、ぶっちゃけ嫌気が差しました_(:3」∠)_

一緒に探してくれた家族にも大変迷惑をかけました。

なんでこの商品だけがこんなに無いのかあんまりにも不思議で店員さんに聞いたら、どこかの国の人達が買い占めてるそうです。

まじやめて…

今回ばかりはほとほと疲れ果ててRipreさんに相談のメールをしようか悩んだほどでした(T_T)


アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


閑話休題。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

60ml税抜3,000円

SPF50+、PA++++

日焼け止めと言えばアネッサを思い浮かべる人も多いほど人気で有名の最強UV。

乳液タイプで、顔にもからだにも使えます。

2層式になってるそうなので、使う時はよく振ってから。


アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


資生堂の技術があれこれ盛り込まれてます。

◎アクアブースター技術

→汗や水に触れると、紫外線をブロックする膜が強くなる技術です。

◎光スタミナ技術

→くり返し強い紫外線を浴びても、製剤を安定に保ち肌を守る技術です。

◎美肌エッセンス

→強烈な紫外線によるダメージから肌を守るエッセンスが配合されてます。

◎スーパーウォータープルーフ

→80分間にわたる水浴テストで耐水性を確認済みだそうです。

◎せっけんでスルリと落ちる

→専用クレンジングは要らないそうです。

◎サンドプルーフ効果

→砂が肌につきにくい効果だそうです。

単に日焼け止めって考えると高い商品だと思いますが、これだけの先端技術を盛り込んだ日焼け止めであるなら、ハイブランド並みの価格になっても仕方ないのかもしれませんねぇ。

つづきます



アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


テクスチャはかなりゆるく、流れ落ちるくらいの乳液タイプです。

香料が入っているようで、デパートの化粧品売り場のような香りがします。

日焼け止め特有の変なニオイはしませんね。

むかーし、アネッサ使った時には日焼け止め特有のニオイが気になりましたけど、ずいぶん変わったんですねぇ。


アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


スルスル伸びて何も塗ってないかのような仕上がりになります。

でも触るとヌルっとするようなすべるような感覚があり、何かしらの膜が皮膚を覆っているのが分かります。

ジメチコンが多い化粧下地を塗ったあとのようなすべる感じと言いましょうか。

…と思ったら全成分のトップがジメチコンでした。

確かに塗ると毛穴が若干目立たなくなるような、フラットになるような感じがするので、最強UVにしてポアプライマーの役割も果たしそうです。

ただこの特有なヌルスベのような感覚、顔はそうそう触らないので気になりませんが、指に残ったヌルスベは個人的にはいつまでも慣れません(;´Д`)

すぐ手を洗いに行っちゃう(;´∀`)

これだけジメチコンばりばりなのに石鹸で落とせるってすごいなぁ。


アネッサ パーフェクトUV アクアブースター


日焼け止め特有の白浮きもなく、キシつきもなし。

若干乾燥しやすそうな気はしますが、個人的には今のところ問題なく使ってます。

ただアネッサほどの最強UVでもこまめな塗り直しを怠れば焼けてしまいますので、そのへんは注意して使っていかねばです。

私はそれで手の甲を焼きました_(:3」∠)_

何度も手を洗っちゃうからさ…

なのに塗り直ししないからさ…

それでも一度タオルで拭いたくらいでは完全に落ちきらないようなので、さすがはスーパーウォータープルーフ。

アクアブースター技術とか、光スタミナ技術とか、サンドプルーフ効果とか、夏のレジャーには非常に心強いですし、手に残るヌルスベの独特な感覚がどうしてもダメ!って人じゃなければ良いのではないかと思いました。

店頭にテスターあるので試しに手に塗ってみることできますよ~

ちなみにサンドプルーフ効果は部屋のホコリにも効果を発揮してくれます(笑)


資生堂ジャパンのキャンペーンに参加中[PR]



↓ポチっとクリック応援お願いします♪ ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事