超絶お久しぶりとなりました石鹸づくりレポート。

いつぶりだんべと思いブログを遡ってみたら、なんと約6年ぶり!

ヒャッフー!

その間も作らずとも手作り石鹸にはずっと触れていたので、自分としては久しぶりな感覚ではありませんでしたが。

しかしやはり作る楽しさは格別ですな。


美肌生薬石鹸仕込み&カット


というわけで、美肌生薬をブレンドしウルトラ抽出したオリーブオイルを使った石鹸づくりです。

実はこれの前に2バッチ既に作っていました。

が、作業風景の写真を撮っていなかったのでブログに書きませんでした。

作ったのは、カフェ・ド・サボンさんのオイルミックスを使った石鹸。

初めて使ったけどあれまじお手軽便利ね!

割高感はあるかもしれないけど、あれこれオイルを揃える必要が無いのは本当に楽でした。

今回は、それぞれオイルを自分で用意しレシピを組み立てました。

ウルトラ抽出のオリーブオイルは、何年か前に仕込んでおいたもの。

ながいこと放置熟成させていたからか、とんでもなく濃厚な色になっていました。

エタノールは飛んでるかな?と思ったけれど、意外にも残っていたようで、湯煎中プツプツと抜けてきましたし、激早トレースでした。

厳重に保管していたから揮発しなかったのでしょうか。


美肌生薬石鹸仕込み&カット


苛性ソーダ水溶液を加えたそばからトレースが始まり慌てる私。

しかしめげずに精油を加え混ぜる・混ぜる・混ぜる!

激早トレースは予想していたので、デザイン無しのシンプル石鹸です。


美肌生薬石鹸仕込み&カット


面白いですね~。

濃厚な緑色だったオイルが、アルカリと反応するとキャラメルのような黄土色に変わりました。

プンプン漂っていたブレンド生薬のクッサイニオイも、少し落ち着いたような気がします。

ちなみにブレンドした生薬は、ユキノシタ、ソウハクヒ、ボタンピ、ウワウルシ、カンゾウ。

整肌、抗炎症、抗ニキビ、美肌、美白といった力を持つ生薬たちです。

そんなパワーが石鹸にも宿るといいなぁと願いつつ。


美肌生薬石鹸仕込み&カット


型入れ・保温から一週間ほど経ったでしょうか。

ようやく型出し&カットしました。

忙しくて手を付けられずにいたのですが、逆にそれが良かったのかも。

ねっちょりしておらず、みっちり引き締まってます。

おかげでスムーズな型出し&カットでした。

マーブルのような模様が出ているのは、激早トレースからの精油投入によるものではないかと予想してます。

生地がまとまり始めてるところに無理やり精油を加えると細かく混ざらず、このようなまだら模様になってしまうのではないかと。

あくまでも予想ですが…

熟成は4週間と言われていますが、私は2ヶ月設けています。

なので解禁は6月1日!

使うの楽しみだな~♪


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事