和光堂のシッカロールナチュラルとピジョンのベビーパウダー


昔からベビーパウダーは大好きで、ジョンソン、和光堂、ピジョンを気分で買っては使っています。

小さい頃は親が和光堂のシッカロール紙箱とジョンソンベビーを使ってくれていた記憶があります(たぶん)。

自分で商品を選ぶようになってからは、ジョンソンベビーのシェーカータイプをよく購入していました。

シェーカーが使いやすかったのと、香りのバリエーションがあって楽しかったんです。

最近は、和光堂のシッカロールナチュラルとピジョンのピンク缶を使っています。

ピジョンのピンク缶は、中ぶたがあって個人的に使いやすいこと(賛否両論あるようです)と、バラの香りがついてること、香り付きベビーパウダーの中では成分がシンプルなところがお気に入りポイントです。

パフは入っていないので100均のパフを入れて使ってます。

和光堂のシッカロールナチュラルは、植物生まれという触れ込みと紅茶の香りという点にものすごく惹かれて衝動買い。

和光堂のベビーパウダーは他と違ってタルクのみではなくコーンスターチも使っているところが高ポイントでしたが、シッカロールナチュラルはタルク無し!コーンスターチのベビーパウダー!

しかも使っているコーンスターチの粒子の角を丸く加工しているので、なめらかなんです。

コーンスターチのベビパなので、タルクのようなサラサラ一辺倒ではないところもスゴイ。

湿度に合わせて保湿したりサラサラにしたりしてくれるんですよ~!

こだわってるぶん高いんですが、相当お気に入りです。

私の使い方は、スキンケア→BBクリーム→シッカロールナチュラルを薄く→MMU。

パウダーからのパウダーという不思議な使い方をしてますが、BBのあとにMMUを使うと起きやすいムラづき現象が、この使い方で一気に解消しました。

ベビーパウダーで肌をさらっとするっと整えることで、MMUが均一にフィットしてくれるんです。

しかも吸湿放湿するベビーパウダーなので、パウダーオンパウダーでもパサつかない。

塗りたては粉っぽい時もあるんですが、時間が経つと肌に馴染んで問題なしです。

シッカロールナチュラルを間に挟むことで化粧持ちもぐんと良くなりましたし、もはや私にとって手放せないアイテムです。

ピジョンのピンク缶は、首やデコルテなどボディに。

日焼け止めを塗ったあとにサラサラにするためパタパタしてます。

バラの香りが結構強いので、苦手な方はお気をつけを。

あとピジョンの固形も持ってたはずなんだけど、無くしてしまったようで(T_T)

持ち歩きにはやっぱり固形がダントツ便利ですよね。

固形に加工するぶんいろいろ加える必要もあるようで、ベビパの割に添加物が多いですけども。

私は自分で使う用だったので気にしませんでした。

ベビーパウダーは肌にパタパタするだけでなく、ヘアケアに、洗顔に、マスカラに、汚れ落としに、ナドナド様々な活用法があるそうですが、私は今のところ肌にパタパタするのと、ケサランパサランのごはんとして使ってます(笑)


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事