マークジェイコブス スプラッシュ ペアー オードトワレ


マークジェイコブスから毎年夏に限定登場していたスプラッシュシリーズ。

テーマに沿った香りが3種類ずつ出て、今年はどんな香りだろうって毎年ワクワクしていました。

それが、いつからかパタリと出なくなって、スプラッシュファンとしては寂しい限りでした。

と言っても300mlという超巨大香水だったので買ったことないんですが←ファンと言えるのか

そ・れ・が!

こ・と・し!

久々の復刻登場!

びっくりしましたー!

何が起きたのか…

でもでもスプラッシュの復活、本当に嬉しい!

しかも!

私が最も好きだったペアーも復刻!

なんということでしょう!

もちろん買いましたよ!

毎日のように使ってます!

使うたび、手に取るたび、この奇跡に心から感謝をしている。

大袈裟ではない。


マークジェイコブス スプラッシュ ペアー オードトワレ


5年前だったでしょうか、6年前だったでしょうか。←調べたら8年前でした!(驚)

ペアーは一度だけ登場したことがある香りでした。

当時、香水の聖地新宿伊勢丹に足繁く通って、失礼を承知で何度も試させていただいたのでした。

その時は、ペアー、グレープフルーツ、バジルの3種類のスプラッシュが登場していて、どれも素敵だったんだけど、私はペアーにどハマリして。

だけど300mlという経験したことのないビッグボトルに怯んで、結局買わなかったのです…

そうしましたらですね。

ネット上にはやはり女神が住んでおりましてですね。

ペアー買ったけど多すぎて使い切れないので良かったらどうぞ、と30mlもの小分けを送ってくださった御方がいらっしゃったのです!

なんということでしょう!(二度目)

これを女神と言わずして何とするか!

言葉に言い表せないほどの感謝を抱きながら大切に大切に使わせていただきましたよ。まじで。

そしてやはり300ml買おう!と心に決めた頃には時既に遅し。

もう手に入らない代物になっておりました。しくしく。

どうしても忘れられなくて、どうしても欲しくて、マークジェイコブスやブルーベル(マークジェイコブスの香水を取り扱ってる会社)に問い合わせしたほどでした(お恥ずかしい)。

ひとつの香りを何年も忘れられず想い続けるって相当だなぁと我ながら思う。

もしかしたらいつか復活するかも…なんて儚い夢を描きながら、もう無理だろうなと半ば諦めながら。

そ・う・し・た・ら・で・す・よ!

まさかの復刻。

8年の時を経て!

ネットで情報を見たんですが、いや本当まじで目を疑いました。

驚きすぎて吐きそうになりました。

本当に何が起きたんでしょうね?

復刻登場したのは、ペアーの他に、レイン、キューカンバー、コットン。

4種類でした。

レインは当時何度も復活登場するくらい人気の香りでした。

今回の復刻でも即完売になるほどの人気ぶりだったそうです。

今度こそ300mlビッグボトルを手にしたい…!と思ったのですが、100mlサイズでの復刻でした。

でもいい。復刻してくれただけで満足。ありがたい。


マークジェイコブス スプラッシュ ペアー オードトワレ


香調は、フルーティ ウッディ。

トップ:ペアー・ベルガモット・レモンピール
ミドル:ジンアコード・ジュニパー・フリージア
ラスト:チークウッド・ムスク・ソフトアンバー

ほんのりとゴールドに輝く「ペアー」は、みずみずしく熟れた夏の果実の贅沢な果汁を表現しています。フレッシュで芳醇なアロマが感覚を刺激します。個性あふれる夏の楽しさをたっぷりと味わえる香りです。フルーティでウッディなこのフレグランスからまず香るのは、フレッシュなペアーに、すがすがしいベルガモットとレモンピールという魅力的なアロマ。ジュニバー、ジンアコード、フリージアのミドルノートでは豊かな甘い香りが広がります。ムスク、チークウッド、ソフトアンバーの上品で柔らかく官能的な香りがバランス良く全体をまとめます。(公式サイトより引用)


新宿伊勢丹のフレグランスアドバイザーさん曰く、8年前の香りと全く変わっていないそうです。

ペアーのフレッシュさの中に時折オヤジのトニック臭を感じるところもあって、ここがウケの悪いところだったのかなーなんて勝手に分析してるんですが、今の私にはそれすら愛しい香りでございます(変態)。

結構メンズライク。

アタイはこういうさっぱりした軽い香りがどうやら好きなようです。


マークジェイコブス スプラッシュ ペアー オードトワレ


ところでラベルの中に入り込んでる空気ってどうやったら綺麗に抜けますか。


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事