スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


スター★オブ ザ カラー様のイベントに参加し、『クリーム ベースファンデーション』と『フェイスパウダー』を購入しました。

ありがとうございます。

まずは右側のクリームベースファンデーションについて。


スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


レフィルで税抜4,000円。

SPF25~28、PA+++。

驚きの全20色展開。

20色!

ファンデーションでそんなにカラバリ取り揃えてくれてるのって珍しいですね。

クリームタイプのベースファンデーションで、下地不要。

少量で驚くほど伸び、うす塗りでも毛穴やシワをしっかりカバーするそうです。

35年もの間、ハリウッドのメイクアップアーティストが使い続けるプロ仕様だそうで。

色展開といい、ほえ~って思うことばかりですが、全成分表示にもほえ~って思いました。

【全成分】
ワセリン、アジピン酸オクチル、ネオペンタン酸イソステアリル、パルミチン酸オクチル、カルナウバロウ、ステアリン酸オクチル、ミツロウ、トコフェロール、ブチルパラベン、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、タルク、カオリン、水酸化クロム

ひとつひとつの詳しいことは全然分かりませんが、ファンデーションでこれしか成分が無いって珍しくないですか?

成分が少ないと、本当に必要最小限のものしか使ってない感じがして、個人的に好印象になります。

つづきます




スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


クリームファンデーションって実は使い慣れてなくて、使い方にコツとか要るのかな難しいのかなって思ってましたが、意外と簡単。

ごくごく少量をスポンジにとって、まずは顔の広い面を内側から外側へ。

すべらせるように優しく塗ります。

スッスッとスポンジを動かしていったあと、スポンジに残った分で目鼻口の周りなど細かい部分を仕上げます。

最後に、ファンデがついてないスポンジの裏側を使って、優しく叩き込みながらファンデのフィット力を上げていきます。

基本的にはこれだけでOK。

説明書にも太字&アンダーラインで強く書いてあるけど、とにかく厚塗りだけ注意。

「これだけ!?」ってびっくりするくらい少量で十分すぎるくらい伸びてフィットして綺麗に仕上がります。


スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


テクスチャは、クリームコンシーラーを伸びよくした感じ。

わたしが使ったのは、日本女性の標準色であるオークルN2です。

正直ちょっと濃かったです。

が、スターオブザカラーでは、自分の肌より1段階~2段階暗めを選ぶことを薦めてます。

ならこれでいいのかな?


スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション

↑塗布前

↓塗布後

スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


写真だと違いが分かりづらく申し訳無いのですが、実際は少し濃いというか健康的な肌色に仕上がりました。

首より濃いし、黄みが強くて顔だけ黄疸が出た人みたいになって違和感w

でも、このファンデをベースに、ハイライトを入れたりチークを入れたり、メイクを仕上げていったら、なんとまぁいつもより陰影のある立体的な印象に!

すごくすごーく薄塗りなんだけど、色が濃いぶんカバー力もある気がしました。

とは言え濃いシミは隠れなかったのでコンシーラーは必須でした。


スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


驚いたのは、化粧直しについて。

不要なんですって。

酸化しないから夕方になっても美しさが持続するんだとか。

汗をかいたりしたらそっとティッシュで押さえるだけでOK。

確かにね、全然崩れないんですよ。

テカリは出てくるので、ティッシュで押さえたうえに同シリーズのパウダーを軽く重ねましたが、このパウダーも優秀で、メイクしたての爽やかな感じが復活するんです。

大元のクリームファンデ自体がそもそもヨレない崩れないくすまない淀まないので、よくある夕方のお疲れ顔にならない。


スター★オブ ザ カラー ベースファンデーション


保湿力も高かったです。

ずっとしっとり落ち着いてました。

毛穴も目立ってこなかったし、毛穴落ちもありませんでした。

ちゃんと自分に合う色を選べばもっと感動的なベースメイクができるのかも。

時間が経っても崩れずくすまず乾燥しないってのが個人的にお気に入りポイントでした。

クリームファンデだからなのか、保湿力が高いからなのか、ファンデの表面が汗をかきやすいのがちょっと気になったけど、これは気にしなくて大丈夫なのかな?


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事