メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


メイベリン ニューヨーク様のイベントに参加し、『ハイパーシャープ ウィング ライナー』をお試しさせていただきました。

ありがとうございます。

最近ようやっと!

ようやっと、リキッドアイライナー下手っぴながら少しずつ使えるようになってきました(^^ゞ

アイライン引くの苦手で…(;´∀`)

苦手な理由はいろいろありますが、そのうちのひとつに「左右対称に描けない」というのがあります。


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


今回のアイライナーは、そんな悩みに対応した特徴を持つそう。

平筆になっていて、細く描ける面と太く描ける面があります。

それにより、ラインを何度も重ねて太さを調整する必要がナシに。

一度で決められるから、目尻のハネ上げまで左右対称になるそうです。


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


その他、ウォータープルーフなのに洗顔料で簡単オフできたり、色が沈着しないようになっていたり、整肌成分が配合されていたり、などなど。

0.7g税抜1,300円で、漆黒ブラック1色展開です。

個人的には、売りの平筆よりウォータープルーフだけど洗顔料で落とせる点と色素沈着しない点がいいな~と思っちゃいました。

つづきます




メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


本体の大きさはこれくらい。

とてもコンパクトでスリムだと思います。

歳取るとなんだかんだポーチの中のコスメアイテムが増えるのでスリムなの助かります(笑)

スタイリッシュなデザインもいいですよね。


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


そしてこれが噂の細・太ダブルサイドの平筆ウィングブラシ。

左の太面は最大2mmの太さで描けるそうです。

右の細面は最細0.01mm!ほっそ!


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー


汚肌失礼します(;´∀`)

上が細線。

その下が太線。

その下2本は左から細→太ツイストの練習…

下手すぎてうまくできてません(;´Д`)

目頭から目尻までそれぞれの面で引くもよし。

目頭側は細く、途中ツイストして目尻側は太く引くもよし。

慣れるまで練習が必要そうですが、慣れれば自由自在に操れそうです。


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー

お目汚し失礼しますm(_ _)m

細線で描いてみました。

リキッドアイライナーのくっきりラインがどうも苦手で、パウダーアイシャドウの締め色でぼかしてますが…

上品なラインが描けていい感じです。

筆がしなやかで扱いやすかったのも良かったです。


メイベリン ハイパーシャープ ウィング ライナー

こちらは、目頭側は細線で、段々太線にツイストして引いてみました。

これもアイシャドウでぼかしてますが…

だいぶインパクト出たと思います。

さすが2mm太&漆黒ブラックの威力。

ただ、左右対称にできたかどうかっていったら、微妙(;´∀`)

理由はわたしが下手だから。なんですが…

下手なのでちょんちょん途切れ途切れ線を引いちゃって、結局ガタガタになっちゃうんですよ(;´Д`)

とはいえ、目尻のハネ上げは線を重ねる必要なく平筆の太さでぐいっと作れたので、そこはまぁバランス良くできたと思います。

やっぱり練習あるのみですね(^^ゞ

メイクオフは簡単で良かったし、滲んだりヨレたりしないのも良かったですよ\(^O^)/


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事