ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


ロクシタンジャポン様のキャンペーンに参加し、『レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム』をお試しさせていただきました。

ありがとうございます。

去年新登場したロクシタンの美白ケアラインですよね。

当時は店頭ディスプレイが白い花々と青空の綺麗なパネルで飾られていて、その前にシリーズラインナップがドドーンと豪勢に並んでいたのをよく覚えてます。

どうやらその白い花々というのが、レーヌブランシュの名の元になったレーヌデプレというお花のようです。

エイジングケアと美白ケアはとにかく惹かれてしまうのですよ…

特に美白。

エイジングケアは年齢的に致し方なくって感じだけども。

色白は七難隠すって言いますでしょ。

透き通るような色白陶器肌。

憧れますよねぇ(*´﹃`*)

それが、大好きなロクシタンから登場となれば、居てもたってもいられなくなるのは当然!


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


でもぶっちゃけ高いです。

50mlで税抜9,000円。

いや、分かってる。

ロクシタンは高級コスメブランドですから。

分かってますよ(。´Д⊂)

当時パンフレットいただいて、はあぁぁ~と憧れのため息を何度漏らしたことか。

ボトルは分厚いガラスでできてて、ゴツっと重厚感あります。

ロクシタンのロゴが入ったスパチュラ付き。


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


植物の研究を極めたロクシタンならではのナチュラル美白シリーズ。

医薬部外品です。

レーヌブランシュコンプレックスっていうシステム?成分?が配合されてます。

オーガニックレーヌデプレエキスとホワイトマルベリーエキスとビタミンC誘導体ででメラニンの生成を抑制して、内側から発光するような透明度の高い明るい肌に導いてくれるそうです。

レーヌデプレという純白のお花は、太陽の光を浴びるほどに白さを増すですって。

そんなイメージでお肌をケアできたらいいね、ということなんでしょうか^^

つづきます



ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


みずみずしいジェルテクスチャーのクリーム。

軽やかさと保湿力を併せ持っているそうですよ。

クリームというとスキンケアの最後の蓋的役割も担っているので、ベトっというかギトっというか、油分多めで重苦しい使用感ってイメージが強いのですが、これは真逆でびっくりでした。


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


ぷるぷる。

保湿と保水のバランスがうまい具合に保たれてるんでしょうね。

個人的にはみずみずしさが特に強く感じられます。

肌にとろけるようになじむ。


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


↑使用前

↓使用後


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


みずみずしくうるおって、パサパサだったキメがふっくら整う感覚。

乾いた大地に自然の恵みが降り注ぐようだ~←大袈裟

いや、それくらい感動してしまうほどの香りもありましてですね。

レーヌブランシュの香りは、ジャスミンなどの花々を重ねて、ベルガモットやライチのフレッシュさをブレンドした上品な香りなんです。

これがすごくいい!

ロクシタンの香水が好きな人なら「あ~ロクシタンっぽい」とうっとりするような香りなんですよ~

ピュアホワイトフローラルで、これまでロクシタンから出た限定香水の中に似たような香りがあった気もしないでもないです。

それをスキンケアで使えるなんて…感激すぎる(´இдஇ`)


ロクシタン レーヌブランシュ ホワイトニングジェルクリーム


メラニンの生成を抑制とかシミそばかすを抑えるとかは、長く使い続けて気づいたらそういえばそうかもっていう感じのものだと思うのでこれからに期待ですが。

肌って、みずみずしいうるおいとしっとりに満たされると、本当に内側から発光するような生命力ある輝き方をしてくれるんですね。

肌に使ってると他のアイテムも使ってるのでぶっちゃけそんなに実感無かったけど、何も付けてない手の甲で試すと改めて実感しました。

まじでライン使いできたらどれほど幸せだろう(。´Д⊂)


ロクシタンジャポンのキャンペーンに参加中


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事