ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


マンダム様のキャンペーンに参加し、『ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ』を購入&使用しました。

ありがとうございます。

クレンジングリキッドでふき取りすることはよくありますが、クレンジングシートを使うのは初めて。

46枚入りで500円くらいでした。


ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


うるおいを守りながらメイクや汚れやくすみまで落としてくれるそうです。

配合されている保湿型ビタミンCと乳酸によって毛穴の汚れや古い角質などをやさしく落としてすっきり素肌に導いてくれるんですって。

大判タイプだから1枚で顔全体を拭き取ることができるし、化粧水成分でできているから洗い流し不要、これでメイクを拭き取ったらそのまま次のスキンケアステップに行けるそうです。

つづきます





ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


容器の大きさは片手くらい。

コンパクトでいいですね。

既にクレンジング液が染みこんでいるシートがスタンバってくれてるっていうのが何よりイイ。

楽ちんです。


ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


ボディはアルミ?の袋ですが、フタはしっかりしたプラスチックで出来ていて、カチッと開いてカチッと閉まるところもイイです。

中のシートが乾きにくい。

完全密封では無いと思うので早めに使い切ったほうがいいとは思いますが。


ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


シートの大きさはこれくらい。

結構大きい。

手のひらより大きくて、コツを掴めば本当にこれ1枚でメイクを落とすことができます。

たたんで拭いて、折り返して拭いて、折り返して拭いて…って、細かくやっていくとよさげ。

厚みは、実は思っていたよりちょっと薄かった。

もうちょっとふっくらしてるのかと思っていました。

でもペラペラというわけではないし、肌当たりは優しくソフトなので、全然悪くないですよ。


ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


手の甲にウォータープルーフのジェルアイライナーとリキッドアイライナーを引いてみました。

落としにくいアイメイクは、シートを10秒ほど置いてふやかしてから拭き取るといいそうで。


ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ


じっくり染み込ませてから拭き取ると、驚くほどスルっと綺麗に落ちます。

きんもちいー。

実際のメイクは、化粧下地やらファンデやら皮脂やら空気中の汚れやらで混沌とした状態なのでもう少し手強いですが、それでも同様動作を数回繰り返せば綺麗に落ちます。

これは楽ちんだわー。

シートの液の含みも、実はもっとヒタヒタでしたたるくらいなのかと思っていたのですが、そんなにヒタヒタではありませんでした。

これにはさすがに不安になりましたが、実際使ってみたらなんてことはなくしっかりメイクオフできました。

保湿シートパックみたいな感じを想像してしまっていたわたしが間違っていたのですな(;´∀`)

ササッと拭いて落ちるというわけでは無いので時短になるかどうかは?ですが、じっくり優しく汚れを浮かせながら拭きとっていけばメイクが落ちるというのはわたしにとってはやっぱり楽。

朝の洗顔代わりにも使えるそうで。

朝はボーッとパソコンをいじる時間が欠かせないわたしは、その時にこれで顔を優しくフキフキするという「ながらふき取り洗顔」で時短にしてます。

弱いピーリング系の乳酸が入っているので、敏感肌さんは常用ではなく週2~3回程度の使用のほうがいいのかな?


さて本日で2015年が終わりますね。

本当はご挨拶の記事を独立して書きたかったのですが、これが今年最後の記事になりそうです。

この場をお借りして、2015年もたくさんありがとうございました!

2016年も何卒宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください\(^O^)/


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事