先日コチラで書かせていただきました、母の入院。

Twitterではチラチラと呟いておりましたが、無事に退院いたしました。

手術したほうの目はまだ真っ赤っかで、見ているだけで痛そうでこちらの目までゴロゴロしてくる気分ですが(笑)、手術自体は問題なく終わりました。

今は特殊な眼鏡をかけながら自宅で療養しております。

片方の目は、視神経がダメになってしまっていて回復の見込みは無いとのことでメスは入れず。

唯一うっすら見えていた目は今回の手術により眼帯。

暫くの間全く見えない状態となり、ご飯を食べたりトイレに行ったりという普段当たり前にやっている行動が非常に大変そうでした。

視力って本当に重要なんだなぁと改めて感じると同時に、胸が締め付けられました。

しかし手術の翌日には眼帯を外し、あ~見える~あそこに○○大学って書いてある~と、入院の時は見えなかった外の景色を指差しておりました。

恐るべし現代医療技術。

これから数ヶ月は見え方が安定せず、見えにくくなることも多いそうですが、とにかくひとまずは落ち着きました。

メールくださった方、TwitterからDMくださった方、リプくださった方、お気に入り登録してくださった方、心配してくださった方、応援してくださった方、祈ってくださった方。

本当に本当に、ありがとうございました。

お騒がせし恐縮でございましたが、たくさんの方の励ましに本当に助けられました。

ありがとうございました。

色々手伝ってくれた彼君にも感謝です。


肩の手術のほうは、10月下旬だからまだもう少し先…と思っていたら、なんと来週入院だそうで。

えっ、来週!?

慌ただしいですな(;´Д`)

まぁでも肩もとても痛そうでツラそうで、腱板断裂なので腕が上がらず何かと大変そうなので、手術して少しでも早く痛みから解放されるといいなと思っています。

母が入院している間は実家に通って父の手伝いをしようと思います。

ちなみに↑の写真は、母が入院していた病室から見えた景色。

右側に見える高い塔はスカイツリー。

14階だったのでとても見晴らしが良く、天気にも恵まれ清々しかったです。


↓ポチっとクリック応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事