泥練洗顔


itten cosme様のモニターに参加し、『泥練洗顔』をお試しさせていただきました。
ありがとうございます。

こちら、洗顔マニアのための無敵の洗顔フォームだそうで。

わたし、洗顔マニアではないけど、一応自分で石鹸作ってるってこともあってか、ちょっとはこだわってます。
加えて泥とか練とかいう言葉に弱いので、この洗顔料、お気に入りとなってしまいました!

愚直なまでにまっすぐなパッケージデザインもたまらん!


泥練洗顔


使い方によってなりたい洗いあがりをコントロールできたり、肌のコンディションによって洗浄力の調節ができたりするんですよ~

少量の水を含ませて練って洗う「ねりねり洗顔」。
泡立てネットを使ってもっこもこに泡立てて洗う「濃い泡洗顔」。
そして、洗顔料をそのまま顔に塗ってパックしちゃう「密着泥パック」。

これひとつで、3通りもの使い方ができるんですよ。


泥練洗顔


さっぱりと洗いあげたい時や、汚れをすっきり落としたい時は、ねりねり洗顔がベスト。
肌がゆらいでる時や、やさしく洗いあげたい時は、濃い泡洗顔。
肌のごわつきや毛穴の黒ずみ・ザラつきを退治したい時は、密着泥パック。
密着泥パックは気になる箇所だけ部分ケアするのも良しです。

3通りの方法を使い分けながら使わせていただいてるけど、確かにこれイイです。
肌調子を見ながら洗顔方法を選べるので、洗いすぎによる肌負担や汚れてるのに落としきれないなどの過不足みたいなものが起きにくいんですよ。

肌って常に同じ状態ではないですからね。

ちなみに、ねりねり洗顔で洗うと、うわってびっくりするくらいくすみが取れて美白に成功します(笑)
濃い泡洗顔は、チョー弾力もっこもこ濃密泡が出来上がるので、洗顔が気持ちいい。
密着泥パックは鼻しかやってないけど、毛穴の黒ずみやザラザラが取れてツルツルになってくれますよ。

つづきます



泥練洗顔


落とす、引き締める、守るのトライアングル洗顔ができるので、肌調子もすこやかに保たれます。

そもそもわたし、泥に絶大なる信頼を置いちゃってるのでw
クレイのミネラルと汚れ吸着力は、本当に洗顔に適してると思うのですよ。

落としながら、与えながら、整えてくれるんですから。
泥が全てやってくれるんですから。

質の良い泥なら尚の事。

この洗顔料には厳選した6種類の泥がブレンドされているし、たぶん配合量もめちゃめちゃ多い。


泥練洗顔


すごーくみっちりした洗顔料なんですよ。
絞りだすのに結構な力がいるくらい。

加えて、引き締めるためのルビーソルト、うるおいを守るためのアルガンオイルも配合されてるので、隙なく肌を考えてるなーって思います。


泥練洗顔


たまにクレイパック自分で作るけど、いまだに自分の肌に合う泥の配合量やいい感じの水分量が分からなくて、使いづらいデロデロのテクスチャに仕上がってしまったり、吸着しすぎて肌が痛くなることがあります。

それを考えたら、これすごく使いやすくて楽。

120gと結構大容量で税抜1800円だっていうし、まだまだ無くなりそうにないけど無くなったらリピートしたいなと思ってます。
ドラッグストアで扱ってるかな?ネットショップだと送料が痛い。


泥練洗顔


総じて気に入ったけど、強いて気になる点をあげるなら、キャップがクルクル式なところかなー。
パチッとワンタッチで開閉できるタイプのほうが使いやすいんだよな。

逆を言うとそれくらいしかマイナスポイント思い浮かばんかった。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


↓良かったらポチっとクリック応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事