カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


カネボウ様のイベントに参加し、『カネボウ DEW ボーテ ローションII(化粧水)と『カネボウ DEW ボーテ エマルジョンII(乳液)』をお試しさせていただきました。
ありがとうございます。

DEW ボーテは、2014年10月に登場したばかりの新しいエイジングケアライン。

ブルターニュ産海藻エキス「ヴィターレ」が配合されていることが特徴のひとつで、濃密なとろみで肌をうるおいで満たして「ハリ密肌」へ導こう!っていうブランドのようです。


カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


年齢による乾燥悩みと戦うブランドなので、アラフォーであるわたしにはぴったり。

エイジング肌になると、肌表面のガサガサだけじゃなく内側のボソボソした乾燥も気になるようになるんですよね~。
おかげさまでメイクのりが悪くなるだけじゃなく、表情ジワが刻まれやすくなったりなんだりと嬉しくない結果を引き起こしております(ノД`)


カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


肌が潤いで満たされれば、ふっくらとしたハリも甦るだろうし、メイクのりも良くなるだろうし、小ジワも気にならなくなりそうですよね!

つづきます



カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


このシリーズはIとIIがあって、今回お試ししたIIは もっとしっとりタイプ。

とろみがある濃密な使用感の化粧水と乳液で、はじめは「べたつきそう…重苦しそう…」とドキドキしてましたが、使ってみると意外や意外、なめらかでぷりっとした使用感でしたよ。


カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


こちらは化粧水。
こうやって見ると、化粧水というより乳液ですね。

使用感も、シャバシャバ感は全く無く、とろりとしたジェルのようです。
水っぽさが無いので、スウッと浸透するような馴染みかたではありません。

使い方も、全体的にゆったりしたペース。
まんべんなく広げて、顔を覆って押しこむように溶けこませるように、馴染ませる。
じっくりじっくり、肌をいたわるようにハンドプレスを繰り返します。

最後は軽くパッティングをして押し込むんですって。

説明書通りに使うと、これだけのとろみでもちゃんと馴染んで浸透してくれますよ。
じっくり馴染ませるおかげか、とろみのおかげか、肌表面だけでなく内側もしっとりなめらかな仕上がりになる気がします。

みずみずしさとなめらかさを補給できるような感覚。


カネボウ DEW ボーテ ローションII&エマルジョンII


乳液もとろみ系ですが、個人的には化粧水より肌なじみが良い気がしました。

クリームのように塗って、下から上へリフトアップさせるように馴染ませていくと、ピンっとしたハリがでてくるんですよ~!

仕上がりは、意外にもべとつかず。
化粧水のしっとりに加えて、モチモチとしたハリとツヤを与えられるように思いました。

そしてどちらも緑茶のような香りがします。
グリーンフローラルかな?

アロマのような癒しの香りなんだけど、化粧水はアルコールのツンとしたニオイもあるので、若干目に染みます^^;


ふっくら、しっとり、モチモチ、ピン♪
そんな肌になってきて、上々です!\(^O^)/

化粧水もいいけど乳液もかなりいいので、使うならライン使いがいいかも。
特に乳液はピンとしたハリツヤを与えてくれるので、メイク前に使うと良かったです。


DEW ボーテ について詳しくはこちらから


Blingのモニターに参加しています

↓良かったらポチっとクリック応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事