flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【THE BODY SHOP】タバコフラワー オードトワレ

CategoryTHE BODY SHOP
  •  closed
  •  closed
現在限定復活しているボディショップの「タバコフラワー オードトワレ」。

ボディショには珍しい大人な雰囲気のフレグランスで、好みが分かれる香りなのでは、と店員さんは仰っていました。
でも、以前販売していた時はとっても人気があって、今でも当時の愛用者さんたちからタバコフラワーの復活を願う声が届くほど根強いファンが多いそうです。

「タバコフラワー」と言っても、煙草の香りがするわけではありません。
香調はウッディ・フローラル。
タバコフラワーやムスクの芳しい温かさと洗練された花々が織りなす香り。

トップノート:ブラッドオレンジ、マンダリン、スミレの葉、コリアンダー、カルダモン
ミドルノート:ローズ、カーネーション、オリス、ジャスミン
ベースノート:プラリネ、タバコアブソリュート、サンダルウッド、カシミアウッド、トンカ豆、アンバー、ホワイトムスク

以前のタバコフラワーの香りを知らないので比較はできませんが、個人的にはまったりとしたムスクがベースのエキゾチックな花々の香り、といった印象でした。

ムスクはものによっては苦手なのだけど、タバコフラワーには惚れた。どうしましょう。

つづきをどうぞ。
トップはブラッドオレンジやマンダリンが調香されているからか、ちょっと甘酸っぱいような酸味のような香りを感じます。
それにエキゾチックな花々の香りが混ざり合って、だけどそこで終わらないよう少しのスパイスが加わって、単なるフローラルでは無い奥深さを感じます。

時間が経って肌の温度と馴染んでいくと、トップの酸味が消えて今度はベースのムスクが顔を出してくる。
エキゾチックな花々の雰囲気は変わらずあるので、まったりとしたムスクが出てくることによって夜の華やかさみたいな雰囲気に変わっていくように思います。

たぶん、タバコフラワーのムスクが苦手どころか好みに感じたのは、調香されている花々やスパイスがいい感じに相まっているからなのではないかな。

しかも肌馴染みの良いムスクのようで、まるで肌自体が香りを持っているような色っぽい馴染み方をしてくれました。
アンバーが調香されているおかげでしょうか。アンバーって少しベースに入っているととても肌馴染みが良くなる気がするのです。

タバコフラワーシリーズでボディミストボディローションも出てるけど、この独特の色香のような深みのような香りはオードトワレにしか無かった。買うなら絶対オードトワレ。
男性が使っても素敵なんじゃないかな。さりげなくオトナな男の色香みたいな演出ができそう。


根強いファンが多い理由がよく分かったように思います。わたしもファンになってしまいそう。
なんとか物欲と戦っているけれど…限定復活なんですよねぇ。ここで逃したら終わりか…と思うと、物欲に負けてしまいそうです。


ベースのムスクがよく残るので、少量使いで良さそう。
友達と1本を共同購入して金欠同士アトマイザーで半分ずっこすっか、なんて話も出てきています(笑)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。