flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カコー】スウィンクサラ スプラッシュローション&新スプラッシュローション

Categoryカコー化粧品
  •  closed
  •  closed
カコー化粧品目次はコチラ
カコー化粧品カテゴリはコチラ




日焼け、肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルにはこのスプラッシュローションがオススメ。
殺菌、消炎、沈静、肌トラブル予防効果がある化粧水です。

肌トラブル予防に普段使いしておくとより一層良いので、個人的にはマイカコースキンケアのレギュラーアイテムです。

わたしのライン使用順序は、洗顔→マッサージ→ふき取り→化粧水→美容液→スプラッシュローション→クリーム。

肌荒れが気になる時や紫外線を多く浴びてしまった時などは、随時スプラッシュローションでのシートパックもプラスします。


つづきをどうぞ。

カコー化粧品ファンサイトファンサイト応援中


スプラッシュローションは、粉末と液体の2層に分かれている化粧水です。
使う時はシャカシャカとシェイクして使うのだけど、この粉末、消炎効果だけじゃなく、紫外線を遮断する効果もあるため、日焼け防止にもなるんです。




2層が混ざり合うと、ミルキーな薄黄色の液体になります。
ビタミンB2、B6、ニコチン酸アミドなどのビタミンB群が主成分なので、ニキビや肌荒れに最適なのです。
消炎作用もあるので、夏場に日焼けで肌が赤らんだりほてったりした時は、冷蔵庫で冷やして使うとより効果的。




とてもサラサラとしたテクスチャで、肌馴染みが良いです。
わたしはこれよりもうちょっと多い量を3回取って都度パッティングしていますが、3回目くらいになると、粉末がたまに顔表面に残ることがあります。




肌が不安定だな~と思ったらシートパックしてもよし。
2層タイプとはいえサラサラしているので、いつも使っているシートマスクに十分染み込んで普通にパックできます。




あっニキビできちゃった、という緊急時にはササッとコットンパックもできます。
赤く炎症を起こしてしまった痛いニキビでもこれをしてると痛みや赤みの引きが早いです。


【スプラッシュローションの主成分】

・ユキノシタエキス(UV-B防御剤・皮ふガン予防・光老化予防)
・ビタミンC誘導体(色素沈着の抑制及び除去作用・美白作用)
・リボフラビン(ビタミンB複合体。消炎・炎症回復)
・水溶性ビタミンB6(皮脂分泌抑制・ニキビ皮ふ炎に作用)
・ニコチン酸アミド(皮ふ炎予防)
・サンスクリーン(皮ふの炎症とシミ・クスミ予防作用)
・キュウリエキス(ヘチマ科のさっぱり系保湿)
・ベンガラ粉末成分(ファンデーション使用の粉)
※超微粒子配合


どんな肌質の人にも合うように作られているし、消炎だけじゃなく肌の水分補給力もあってみずみずしくなるので、水分不足の人にも使ってもらいたいと思う。
水分不足の肌はトラブルが起きやすいですしね。

スプラッシュローションの効果的な使い方はコチラにも書いてあるので参考にどうぞ。



そして。


このスプラッシュローションも、バージョンアップが控えております。
いつ発売になるかな…新スプラッシュローションが登場するそうです!

ビタミンC、B、B6、B12やオーガニックキューリエキスをたっぷり配合して、肌トラブルの改善と新サンスクリーン剤によるUVカットが期待できます。
また、ユキノシタエキスが、紫外線による肌DNAへ与える悪い影響を改善する効果をもたらしてくれるそうです。
ユキノシタエキスの改善効果は90.25%に及ぶそうです。


この新スプラッシュローション、ひと足お先にサンプルを試させていただきました。




冷蔵庫に入れていたので表面汗かいててすみません。
液体の黄色っぽさが濃くなったように思います。成分が相当バージョンアップしているそうなので、その関係で色味が濃くなったのかな。




光の加減で写真では比較しにくいですが、2層を混ぜてもやっぱり新スプラッシュローションのほうが黄色みが若干濃いように思います。
で、2層を混ぜるためのシャカシャカシェイクの際、旧スプラッシュローションより混ざりが早かったように思いました。
粉末がより細かくなっているのかな?




どうやらやはりより細かくなったみたい。
サラサラテクスチャは変わらないのだけれど、なめらかというかまろやかというか、より一層肌馴染みが良くなっています。
旧スプラッシュローションと同量を3回パッティングしても、以前のように表面に粉末が若干残るといったことがありませんでした。
そして保湿力がグンと上がっていることにも驚いた。


【新スプラッシュローションの主成分】

・ビタミンC誘導体(保湿・美白)
・ビタミンB複合体(保湿)
・ビタミンB6(保湿)
・ビタミンB12(保湿)
・パウダルコ樹皮エキス(保湿・抗炎症)
・ユキノシタエキス(保湿・抗酸化・収斂・突然変異抑制・メラニン生成抑制)
・キュウリ果実エキス「キューカンバーオーガニック」(保湿・角質水分量増加)
・ツボクサエキス(保湿・抗炎症)
・オウゴンエキス(保湿・抗炎症)
・イタドリ根エキス(保湿・抗炎症)
・カンゾウ根エキス(保湿・抗炎症)
・チャ葉エキス(保湿・抗炎症)
・ローズマリー葉エキス(保湿・抗炎症)
・カミツレ花エキス(保湿・抗炎症)
・酸化チタン(新サンスクリーン剤)


わあ!こんなに変わったのか!しかもパラベンフリー。
そりゃ感じ方もずいぶん変わるわけだ。

肌トラブル対応と予防を目的とした化粧水だけど、保湿効果もかなり上がっているので、人によっては化粧水はこれだけで十分なのでは?と思ってしまうほど。

もちろん、肌トラブルへの対応も格段に上がっています。
肌だけじゃなく、試しに肘の内側にできたあせも(子供かw)にも毎日ペタペタつけてみたんですが、ぶつぶつの引きが早かったように思います。

消炎や保湿効果を持つ植物エキスが非常に増え、パラベンフリーにもなり、ただでさえ肌に優しかったのにより一層優しくなった新スプラッシュローション。
カコーさんのことだからきっとただ入れるだけじゃなく相乗効果をもたらすようなバランスのよい配合にしてくれていると思うし、貴重なパウダルコ樹皮エキス(ルナモーションUSPエッセンスにも配合されてるやつ)もかなり入れてくれたらしいです。


「できてしまったトラブルへの対応」と「トラブルを出さなくするための予防」、そして「保湿と美白」が合体した消炎化粧水って、これまであったでしょうか?
炎症を起こしている肌にはちょっとした刺激でも大打撃になりますが、そんな炎症肌に使える化粧水で消炎も保湿も美白も可能だなんて、こんな嬉しいことは無いです。

環境も心境も世知辛いこの現代で、肌トラブルに悩まない人っていないと思うので、新スプラッシュローション、かなり強い味方になってくれると思っています。

こちらもまた、登場が非常に楽しみ。
株式会社カコー
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。