flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『香水図鑑』買ってみた&香水の楽しみ方

Categoryフレグランスつぶやき
  •  closed
  •  closed
香水を好きになって

あれこれ香りを試して楽しむようになったけど



ムエットを試したりサンプルを試したりするだけで

香水のなんたるかは全く知らない状態でした。



感覚で楽しんでいたっていうか。

これは好きな香り~これは苦手な香り~、とか

そんな感じの楽しみ方。



でも今年からは

香水のなんたるかとかアイテムの背景とか

香りだけじゃないいろんなことも学んでいきたいな~と思い



手始めに本を買ってみました。







香水図鑑



こちらは2008年度版。

最新版では無いのだろうけれど

ブックオフで105円のものを見つけたのでラッキーだった^^




2008年度版とはいえ

今もお店に並んでいる香水が掲載されているので

いろいろと勉強になります^^



ほとんどカラーのページで見やすかったし

いろんなボトルが並んでてウキウキする!







各香水の簡単な説明と、

「甘さ度」「さわやか度」「セクシー度」「スパイシー度」が

それぞれ5段階評価されてました。



香りはやっぱりどうしても人それぞれで感じ方が違うから

あくまでも参考程度のものになるのだろうけれど



それでも初心者のわたしにはとてもわかりやすかったです。







香りのノートについても詳しく書かれていたし

どんな香りが好きかで

自分に合うノートを探すこともできるようになってました。







香りの傾向でまとめられた図表もあったりして

香水初心者さんにはとっつきやすい内容だな~って思いました^^



でも一番楽しめたのは、コラム。



ブランド誕生の背景だとか、コンセプトだとか。

まさに今わたしが学び始めたいと思っていたことが書かれていて。

けれどそこまで深く掘り下げられておらず、さわり程度といった感じ。

なのでサラッと楽しめる、ちょうど良い質。



もっと知りたいな~って思ったら

今度はそのブランドに絞って調べれば良いのだものね。





以前、ラルチザンの路面店にお邪魔したときに(無謀!)

店員さんの香りの説明の仕方に感動したのです。



調香されている香りも大切だけれど

それ以上に、感覚的なもの。



香水をムエットにひと吹きしてくれながら

香りから連想する情景を、まるで物語のように話してくれた。



わたしは、香りを感じながら、目を瞑って聞いて。



おとぎの国に迷い込んだかのような錯覚を覚えた。



香水図鑑を読んでいたら

なんだかそのときのことを思い出しました。





香水の香りというものは

これとこれが調香されてて、だからこんな感じの香りになって、

とかいう学問的思考で難しく捉えるのではなく

独自の感覚で楽しんでいいんですね。



この香りとこの香りが調香されてこんな香りに感じた!

という楽しみ方も楽しいけど



これからは

それにプラスして、ブランドコンセプトや香りの背景や情景。

そういった感覚でも楽しんでいけたらいいな。



そうやって考えると

香水って、香りを楽しんだりリラックスしたりするだけじゃなく

芸術作品にも思えますね~^^





香水の本はほかにもいろいろあるようなので

また見つけることができたら買ってみよう。



ブックオフで(笑)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。