flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロクシタン ノートルフロール ジャスミン

Categoryロクシタン L'OCCITANE
  •  closed
  •  closed
メイローズの予約をしたときに

コチラで書いていたジャスミンもテスターが出ていました。







楽天さんには既に出ていたんですね。



ロクシタン店頭では5月7日からの発売だそうですが

予約はもう始まっていました。



メイローズは買う気満々だったので

店頭では ジャスミンの香りをテイスティング。



・・・やばい。

予想外の展開になりました。



これは やばいです!




ジャスミンはモノによって

強く感じたり独特でとっつきにくかったりするそうですが



この ノートルフロールジャスミンは

今でも忘れられず 他の香りを纏う気にもなれず

思い出して焦がれてしまうほど 心奪われてしまいました。

ヘッドノート:ベルガモット、アイビーリーブス

ハートノート:ジャスミン、オレンジブロッサム、スズラン

ベースノート:シダー、アンバー
ムエットもいただき

肌でも試させていただいたのですが



トップ~ミドルは

あのジャスミンらしい 特徴のある香り。



でも、とっつきにくいような香りではなく

ジャスミンのきつさを上手に和らげてくれているような香り。



ここで既に「うっ、素敵すぎる…」と思ったのですが。



ミドル~ラストにかけては

徐々にジャスミンがまろやかになって甘さが出てきて

すごく上品で優雅な 奥深いクリーミーな香り。



気温や体温によってはむわっとくる可能性がありそうだけれど

わたしはこの ミドル~ラストにかけての香りに

心奪われてしまったのです。



ここまで虜になってしまった香りは

いままであっただろうか。



トップ~ミドルにかけてのジャスミン特有の香りと

ミドル~ラストにかけてのお花の濃厚ともとれる甘さが

独特と言えば独特かもしれないので

万人受けする香り、とは言えないけれど。



今のわたしには

これを 自分の香りにしたい

とさえも思えるような衝撃。



ああ。叶わぬ恋をしているように胸がしめつけられる!



手元に残っているジャスミンのムエットを抱いて

漂う残り香に 泣きそうにさえなります。



なぜこんなに惹きつけられるのだろう。

忘れてしまった 昔の何かしらの記憶に 関わっているのだろうか。



なつかしい、とさえ思えるような。



手首にワンプッシュさせていただいただけで

かなり香りが広がり

ミドル~ラストにかけては更に香りが際立ったように思えるので

わたしが苦手な 強い香りなのかもしれないけれど。



おかしいな。強い香りは苦手なはずなのに(笑)



ここまで心奪われておきながら

体調によってはムエットの残り香が重く感じ

胸やけを起こしてしまいそうにもなります^^;

しかもわたしの肌ではラストの香りはかなり持続しました。



だけれど。

それでも。



わたしは この香りに惹きつけられてやまない。



ああ。

メイローズになけなしのお金をはたいてしまった…ッ



しかも

これほど焦がれてやまないのに

期間数量限定品…(おおおおお)



ハッ。

す、すみません。

あまりのせつなさに、感情的になってしまいました。



ロクシタン店舗では

5月7日~6月3日の期間中に

ガーデンパーティ2009限定商品・限定キットを含む

ロクシタン製品を税込13,650円以上お買い上げの方に

以下のオリジナル日傘をプレゼントしてくださるそうです。







ガーデンパーティ2009は

シトラスヴァーベナやヴァーベナのライン、

チェリーブロッサムの限定キット、

グリーンティのもろもろなどがあるようです。



去年の今頃に限定で登場した

フルーティチェリーのトワレもありましたよ。







ロクシタンの期間数量限定商品って

こうしてまた期間数量限定品として再登場することが多いのでしょうか?



ノートルフロールジャスミン…



…だめです。

もうこの香りに頭も心も支配されてる。



限定品だなんて(涙)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。