flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ作「紫紺の魔女石けん」

Categoryマイ手づくり石けん
  •  closed
  •  closed
ツイッターとブログを連携させたので
タイトルにツイッターでの石けんハッシュタグ(#sekken)
を入れてみることにしました。
うまくいくかちょっと実験。

ツイッターやってらっしゃらない方
意味不明な文字列入れちゃってすみませんm(_ _)m


コチラで書いておりました
bonosoapさんの手作り石けんワークショップで作った
紫紺の魔女石けん。

解禁したので使ってみました^^



ワークショップ作「紫紺の魔女石けん」



いろいろありましたが
しっかりとよく締まった石けんに育ってくれましたよ^^

でもって
香りがめっちゃくちゃイイ!
 

ワークショップ作「紫紺の魔女石けん」



紫根インフューズドマルセイユ
紫紺の魔女石けん

オリーブオイル(紫根inf)、ココナッツオイル、ひまし油、ミツロウ、ミリスチン酸、100%りんごジュース、精製水、苛性ソーダ、FOアップルフジ
石けん教室のレシピなので
詳しい分量等は割愛させていただきますね。

生薬紫根を浸け込んで成分抽出した
オリーブオイルを使った石けんです。


わたしの型出しの状態を見て
bonosoapの前田先生がいろいろと考察してくださいました。

ワークショップではみんな同じように作ったのですが
唯一、異なった工程がありました。

それは、香り付け。

前田先生と1組の参加者さんは
エッセンシャルオイルとフレグランスオイルのブレンド。
1組の参加者さんは
エッセンシャルオイルのみ。
わたしたちは
フレグランスオイルのみ、で作りました。

エッセンシャルオイルのみの組の方は
なかなかトレースが出なかったと記憶しています。

一方、フレグランスオイルのみのわたしたちは
一番最後にぐるぐるを始めたにも関わらず
一番最初にトレースが出ました。

そう言われてみれば
FO投入直後にトレースが出た気がします。

これらのことから、
原因はフレグランスオイルかもしれない?
という推察が浮かびました。



ワークショップ作「紫紺の魔女石けん」



石けんのトップに溜まった茶色い液体。
今も変わらず存在しているのですが
とてもベトベトしていて
そしてとてもいい香りがします(笑)

これは、混ざりきらなかったFOなのかもしれませんね。

断面が霜降り模様になっているのも
しっかり混ぜられなかったからかもしれません。
わたしったら、FOを結構早めに
タネに投入してしまったのですよね…。



ワークショップ作「紫紺の魔女石けん」



型出し時にまだら模様になっていた側面や底面。
当時はじゅくじゅく状態でしたが
今はすっかり乾いて硬くなってくれています。
ソーダ灰では無いと思うのですが
まだらだったところは白っぽくなっています。

このまだらもまた、FOがにじみ出たことによるのではないか
と 先輩ソーパーさんが推察してくださいました。
トップに溜まった茶色い液体のように
側面にかいていた汗も茶色かったので
そうなのかもしれません。

また、いろいろ調べたり聞いたりした中で
トレースを促進させるFOもある、という情報を入手しました。


もしかしたら
タネをしっかりぐるぐるさせずに
早い段階でFOを入れてしまったため
このようなことになったのかもしれませんね。

あとは、保温方法。
上手に保温してあげられなかったことも
何かしらの要因に繋がっているような気がします。


どちらにせよ
ちゃんと理解せずにやってしまったわたしのせい(T_T)
前田先生や先輩ソーパーさんたちには
本当にお騒がせをしてしまったと反省しております(T_T)

でも、失敗は成功の素。
いや、失敗とは思ってないけど(え)
いろいろ学ぶことができたので、とても良い経験でした^^


そんなこんながあった石けんですが
使用感はめちゃくちゃ良くて感動したんですよ~!

精製水の幾分かを
100%りんごジュースに置き換えたのですが
そうすると石けん肌が陶器のような滑らかさを持つんですって。

わたしの石けんは↑のような状態でしたので
パッと見はアレですけれど^^;

使ってみると、つるりとした石けん肌が現れた!

泡立てネットにこすりつけた面が
それはそれは綺麗な石けん肌に生まれ変わりましたよ。


泡はクリーミーなのにもこもこ^^
しっとり質感の泡で気持ち良く洗うことができました。
こういうちょっと粘度を感じるクリーミーな泡、
個人的にすごく大好きなのです。

とっても濃く抽出された紫根の色が
すごく肌に良さそうな感じもするし

溶け崩れ防止やしっかりした石けんにするような
材料があれこれ配合されているからか
どろどろにもならないし、ギュッと引き締まってます。

密度が濃そうな石けんって感じ^^

洗い上がりの肌は全くつっぱらずしっとり♪
なのにお湯を弾くすべらか肌になった♪

バター類入れてないのに
バター入り石けんのようなしっとり感
なぜ!?
紫根と100%りんごジュースのおかげ?


どうしよう~すごく気に入っちゃった!
前田先生、魔女の石けんリベンジしたいっす(笑)

おみやげでくださった前田先生作の魔女石けんが
すごくすごーくいい香りを放っているので
あの香りでまた作ってみたいな。


長くなってしまいましたm(_ _)m

bonosoapのワークショップが開催されたら
ぜひまた参加したいです^^


ぽちっとクリック応援いただけると
とても励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ


JUGEMテーマ:手作り石鹸
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。