flower border

yumyum crabbomb

手作り石けん、香水、コスメ、アロマ、ネイル、DIY、雑貨、動画など

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステファニー化粧品ワールドワンシリーズ体験記6

Categoryステファニー化粧品体験記
  •  closed
  •  closed
ステファニー化粧品ワールドワンシリーズを実際に試し始めてあっという間に3週間。
体験記5で「肌が明るくなってきたような気がする」とか「ハリが出てきた気がする」とか言ってましたが、「気がする」から「確信」に変わりました。

友達に美白してるの?って言われたんです〜。

今までどんだけくすんでたのだろうか(汗)
いや違う、ワールドワンの効力がすごいんだ。

友達は「美白」って言ってたけど、わたしが感じるには、多分くすみが抜けて透明感が出てきたんだと思うんだな。それが友達には「美白」に見えたんじゃないかと。

今ここでビフォーアフターの写真を掲載したいところですがそれはもうちょっと我慢。1ヶ月経過した時まで楽しみにとっておいて、今回はワールドワンシリーズ体験記その6として、最後のステップアクティブパワージェル(美容ジェル)についてレビューしたいと思います^^
クリックで大きくなるよアクティブパワージェルは使用ステップ5「表層部・中層部ケア … 紫外線によるトラブルに負けない、透明感のある肌へ」です。
オプション(?)でスペシャルケアってのもありますが、ワールドワンシリーズの基本的なラインではこのアクティブパワージェルが最終ステップになります。

洗顔(メイク落とし・モイスチャークレンジングミルク、洗顔石鹸・モイスチャークリアソープ) → フォーミクスチャーセラム(4種混合液) → エマージングパワーアクア(化粧水) → セラミドチャージエッセンス(美容液) → アクティブパワージェル(美容ジェル)

とうとう最後のステップのレビューか〜。早いもんですね。
文字にすると長いステップに感じられるかもしれませんが、特にフォーミクスチャーセラムとエマージングパワーアクアは本当にスゥ〜っと速攻肌に染み込んでくのであっという間のステップなんですよ。
例えばリフトアップクリームをマッサージしながら使用、っていう商品があったとしたら、それをやってる時間でワールドワンのラインを使い終わってしまうほどの手軽さです。
わたしは「たくさん使うものがあるから面倒臭いんじゃないかしら」って思いがちなんですけども、ワールドワンシリーズを使ってみて、そんな先入観が払拭されるほど面倒臭くなかったし簡単でした。
むしろこのステップがひとつでも欠けたら理に叶わなくなるから不安になってしまいそう(笑)


アクティブパワージェル商品説明 】

諦めていた悩みに応える救世主。透明感のある肌を求める方へ。
アミノ酸からつくられた『フォトニール』という成分と、植物の葉とアミノ酸を複合させてつくられた『ダーマホワイト』という成分を配合しています。アクティブパワージェルは光老化を考え、年齢肌に現れがちな紫外線によるトラブルに負けない、透明感のある肌に導きます。


アクティブパワージェル使用方法 】

大きめの真珠粒大くらいを手にとって、ダメージがケアされるのをイメージしながら、顔全体になじませ、しばらく手で温めます。


紫外線・・・嗚呼恐ろしや(´Д`;)

ワールドワンシリーズのラインって、使う順番にしろひとつひとつの商品の意味合いにしろ、本当に全て理に叶った納得できるものたちだし、その順番や商品が持つ特性が全て揃ったところで最大限の効果を発揮すると思ってるので、「ラインの中でこの商品が特に効果を感じた!」っては言えないんですけども、使い心地で言えば、わたしはこの美容ジェル、好きなんです^^

クリックで大きくなるよ背景が汚くて申し訳ない・・・(恥)
ジェルなので乳液やクリームのような重さはないし、乳白色なので見た目こってりしてるように見えるかもしれないけど、こってり感でいったらセラミドチャージエッセンスのほうがあるんじゃないかしらと思うくらい、このアクティブパワージェルは意外とさっぱりした使い心地です。

一回の使用量は「大きめの真珠粒大くらい」らしいんですが、イマイチつかめないのでいつも感覚で使ってます^^;(使用方法に実寸大が丁寧に載ってるので分かりやすいとは思いますが)。
写真はちょっと多いかしら。

アクティブパワージェルは中層部と表層部のケアとして使いますが、わたしは最後の締めとして今まで使ったラインと効果をフタするイメージで使ってます(いいんだろうか^^;)。
あ、だからって表面に塗って終わらせてるわけじゃないですけどね。ちゃんと中層部にも到達するイメージを持ってプレスしながら、肌全体をバリアする感覚でいます。

これでワールドワンシリーズのラインは全部終了。
使い終わったあとのお肌は、ギトギトしているわけでもなく、こってり重い感じがするわけでもなく、逆に内側に染み渡って潤ってる感覚があります。表面も潤ってるけど、決して重くない。
もし音が聞こえるなら、肌の内側でピチョンとかチャポンとかの潤いの音が聞こえるんじゃないかってくらいですよ(笑)

あ、いけね。
ずっと写真が用意できずに最後に回したモイスチャークレンジングミルク(メイク落とし)のレビューがまだだった(笑)
じゃあ次回はモイスチャークレンジングミルクのレビューをしま〜す^^
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。